暇潰しにラノベ感想&時々イベントの感想もあるよサイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
カーマロカ 感想
カーマロカ 将門異聞
カーマロカ 将門異聞
著者:三雲岳斗 評価:☆☆☆☆★

「平将門が生きて甲斐国に出現」
 坂東の地に独立国の野望を掲げ、国中を揺るがした承平・天慶の乱。940年、将門は道半ばにして戦場に散ったはずであった。
 まさかの報せにおののいた朝廷は、幻影を断ち切らんとばかりに当代随一の陰陽師、不死身の僧兵など、強力な追っ手を次々と差し向ける。
 民に慕われたという猛将は、夢破れて、いったいどこへ向かうというのか?
 壮大なスケールで描く、歴史伝奇ロマン。

--------------------------------------------------------------------------------
 こちらは2005年1月に刊行されたものが双葉文庫で再刊行されたものです。
 主に、平将門一行と差し向けられる追っ手たちとの手に汗握る(若干超人的な)戦いを描いたアクション物となっています。本作で描かれる平将門はいわゆるカブキ者で、恩を受けたものには己の身をかけてでも手を差し伸べ、敵に対しても必要以上には敵意をもたない、非常に竹を割った性格をしています。まさにそんな彼の性格こそが本作の魅力になっています。もちろん自身の空虚を満たすためという理由で戦う保憲や、御家の存続のために追っ手として加わった兼家もそれぞれに芯があって面白いんですが。
 平将門のたびの目的自体はさほど重要なことではないのですが、物語が閉まる直前にはあっと驚く展開があるので、読了後にもきっと心に残る作品だと思います。
Posted by : ななかの | その他レーベル | 20:20 | comments(40) | -
聖遺の天使 感想
聖遺の天使
聖遺の天使
著者:三雲岳斗 感想:☆☆☆☆★

 15世紀のイタリア北部、湖水地方。嵐の夜、湖畔にたつ城館で、主人が壁に磔の格好で死んでいるのが発見された。同時に闇の中に天使の姿も出現したという。館には聖母子の姿を浮かび上がらせる奇跡の香炉――聖遺物が存在し、各地から聖職者らが派遣されていた。事件を解決すべく、ミラノからレオナルド・ダ・ヴィンチが乗り込む。ダ・ヴィンチの天才頭脳が、隠された謎を解く!

--------------------------------------------------------------------------------
 2003年に刊行されたものの文庫版で、双葉文庫刊の作品です。見開きには今回の事件の舞台となる館が図で載っていますが、そこから予想できる通り館物のミステリーです。読んでいて思いましたが、「普通ではありえない場所で死体が発見される」という状況ってほんと三雲さん好きですよね。その原因についてはそれぞれ違うにしても他の作品でもやってましたし。なにかこだわりがあるのかね?
 ともあれ、ミステリーとしては非常によくできていた話でした。ただ、すべてを分かっている様子なのに話をはぐらかしすぎるレオナルドが、そう思わせる個性が彼の魅力なのだと分かっていても、読んでいる側としてはちょっといらいらしましたよw
Posted by : ななかの | その他レーベル | 20:06 | comments(0) | -
スクランブル・ウィザード2 感想
スクランブル・ウィザード2
スクランブル・ウィザード2
著者:すえばしけん/イラスト:かぼちゃ 評価:☆☆☆★★

 とある事情で魔法士育成校の教官を務める十郎と、そこで出会った複数施呪能力を持つ月子の間には教師と生徒を超えた絆が芽生え始めていた。そんな折、十郎に憧れる少女・唯里が研修生として赴任。所構わず十郎に絡む唯里にやきもきする月子は、課外授業のキャンプで十郎にアピールしようと考えるが、またしても事件に巻き込まれてしまう……。
 第2回ノベルジャパン大賞大賞受賞作、待望の第2弾。

--------------------------------------------------------------------------------
 嫌々ながらも生徒に対して面倒見よく接する不器用な十郎と、月子の淡い恋心というのが前回の見所でした。今回は十郎に対して尊敬の念をもつ月子のライバル役、唯里が登場します。ほかの人とは異なり、自分に好意を向けてくるため普段以上に戸惑う十郎と、かすかに危機感(嫉妬)を覚えてしまう月子。それぞれに見るべき点を伸ばしている点はいいですね。
 一方で、いつの間にやらクラス全体が事件に巻き込まれてしまうという展開はちょっとどうなんでしょう。状況にも寄るけど、何回も使えるネタではないですよね。生徒を守る先生という役を演じさせるには仕方ないという気がしながらも、無理やり感が残りました。
Posted by : ななかの | HJ文庫 | 19:50 | comments(0) | -
死図眼のイタカ 感想
死図眼のイタカ
死図眼のイタカ
著者:杉井光/イラスト:椎野唯 評価:☆☆☆★★

 地方都市・伊々田市を支配する、謎多き女系一族――朽葉嶺家。四つ子の姉妹から一人を跡継ぎとして選ぶ、二十年に一度の儀式が近づいていた。次期当主の婿として育てられた少年、朽葉嶺マヒルの周囲では、儀式が迫るにつれて不可解な少女猟奇殺人が頻発するようになる。やがてマヒルの元に現れる、鴉を連れた黒衣の少女。人ならざる存在“GOOs”を狩る組織の一員、“殲滅機関の遺影描き”――藤咲イタカ。彼女との出逢いによって、マヒルは伊々田市の血塗られた歴史に潜む魔と対峙する……戦慄の伝奇ミステリ。

--------------------------------------------------------------------------------
 内容は結構ダークで、伝奇物の中でも後味の悪い部類にはいります。周囲での猟奇殺人はまだしも、一緒に暮らしていた姉妹が次第に殺されていくという展開はちょっときついですね。このある程度の理不尽さは「昔話」にはよくあることですが、それでもねえ…。
 ヒロインとしてイタカが出てきますが、あまりヒロインらしくないヒロインですね。どちらかといえば、遠くから状況を眺めているアドバイザー役という感じです。
Posted by : ななかの | 一迅社文庫 | 16:13 | comments(0) | -
彼女は眼鏡HOLIC 感想
彼女は眼鏡HOLIC
彼女は眼鏡HOLIC
著者:上栖綴人/イラスト:トモセシュンサク 評価:☆☆☆★★

 不思議な力を持つ眼鏡“魔鏡”の収集・保全を行なう秘密組織“アルハゼン”のエージェントにして“眼鏡使い”の深鏡めめこ。彼女は眼鏡にまつわる事件が起こっているという御園学院に転入し、調査をすることになった。幼い頃から孤独だっためめこは学園での生活に戸惑うが、眼鏡を掛けた美しい少女・黒野亞衣と出会い、心を開いていく。

-----------------------------------------------------------------------------------
 第二回ノベルジャパン大賞・優秀賞。簡単に言えば眼鏡好きの眼鏡好きによる眼鏡好きのための小説ということなんでしょうか。登場人物がほとんど眼鏡かけているなんて、作者の眼鏡に対するフェチ度はかなりのものですね。
 話は眼鏡を使ったバトルがメインになると思いますが、見所はそれだけではなくて、普段は戦いばかりで人付き合いになれていない(眼鏡をかけている人でなければ話しかけられない)少女が、同世代の友人と学園生活を送ることで人付き合いを学んでいくという友情物語という面もあります。「眼鏡と正しく向き合えば、世界とも正しくむきあえるんですよ」という台詞が作中でてきますが、この一言がこの作品の全てを示しているといっても過言じゃないですね。
Posted by : ななかの | HJ文庫 | 15:43 | comments(0) | -
黄昏色の詠使い后〜瓦討硫里鯡憾る子供たち 感想
黄昏色の詠使い
黄昏色の詠使い
著者:細音啓/イラスト:竹岡美穂 評価:☆☆☆☆★

 もう一度キミの隣に行きたい、この気持ちは本当。だから――迷わない。
 黎色の、限りなく孤独な世界に意識を捕われたまま、クルーエルは言い放つ。「わたしは、ネイトを信じてる」
 しかし、彼女を捕える空白名詠の真精・アマリリスは、執拗に言葉を重ねる。『あの子は、あなたに相応しくない。それに――何をもって、彼の“信じる”という約束を信じるの?』
 一方、トレミア・アカデミーでは教師たちが、意識不明のクルーエルを治療のためケルベルク研究所へ移送する決定を下す。その時、ネイトは……!?ただ一緒にいたかった――二人の願いが重なる時、世界に二色の詠が響きわたる。
 詠う召喚ファンタジー、第5弾。

--------------------------------------------------------------------------------
 2009年度版「このライトノベルはすごい」では11位みたいですね。トップ10まで惜しいです。そんな話題作なのに、まだ読んでなかったとは不覚です。
 5巻は1巻から続いてきたエッグにまつわる話の完結編みたいです。2巻以降主人公なのにさっぱり活躍していなかったネイトが、ようやく本領発揮といったところでしょうか。しかし2巻以降、1巻ではちょっと人よりも秀でたところのある少女、という位置づけだったクルーエルが主人公以上に活躍していたのには驚きましたね。やはりキャラクター的にクルーエルが一番自己投影しやすいから作者が書き易いというのはありそうです。
 難点といえば状況が色々難しいことばかりで、状況がさっぱりつかめないことでしょうか。もう少し順々にわからないことが増えていくという流れにできないものですかね。
 それにしても竹岡さんのイラストはいいですよね。作品の内容と透明感のある絵柄が非常にマッチしていて。あとはおじさんもかければ文句なしなんですが。
Posted by : ななかの | 富士見ファンタジア文庫 | 15:20 | comments(0) | -
ストレイト・ジャケット9 セキガンのアクマ 感想
ストレイト・ジャケット9 セキガンのアクマ
ストレイト・ジャケット9 セキガンのアクマ
著者:榊一郎/イラスト:藤城陽 評価:☆☆☆★★

-----------------------------------------------------------------------------------
 ネリンは気づいていた。「黒騎士」事件以降、トリスタン市の魔族災害は確実に減っている。それは即ち、無資格の戦術魔法士レイオット・スタインバーグの出番が減ることを意味していた。それは良い事なのだ。しかし――何かを見落としている様な、不安が脳裏を過ぎる。
 その頃街にいたレイオット達は、美術学校で彫刻を専攻する少女ノーラに出会う。彼女は、胡散臭い風体のレイオットと半魔族のカペルテータに臆する様子もなく「博物館まで連れて行って欲しい」と言うのだった。レイオットは呆れながらも送っていくのだが……!?
 一方、隻眼の戦術魔法士アルフレッドは「世界はもうすぐ終わる」と言い残し、ロミリオ達の元を去っていた。激動の新章スタート。

--------------------------------------------------------------------------------
 ライバル(?)関係だったアルフレッドとの決着編。登場当初からずいぶん狂ったキャラクターでしたが、今回はそれにいつにもまして磨きがかかっています。さらった女性を作為的に妊娠させて胎児を取り出し、その胎児をエネルギー源にした巨大な鎧を動かすって……どれだけやばいのかと。これまでの話で一番やばいと思いますよ。
 今回、今までならレイオットだけで強力な魔族と戦っていましたが、今回は今までとは異なり、最終的には集団戦になっています。どんどんレイオットの周囲が代わっていっていると感じさせられます。
 ちなみに。個人的に気に入った挿絵はバリーシェリングが車の窓越しに銃を持っているやつ。単なる隣近所の親父なのに渋すぎるんですが。
Posted by : ななかの | 富士見ファンタジア文庫 | 14:59 | comments(0) | -
輪環の魔導師3、4 感想
輪環の魔導師3 竜骨の迷宮と黒狼の姫
輪環の魔導師3 竜骨の迷宮と黒狼の姫
著者:渡瀬草一郎/イラスト:碧風羽 評価:☆☆☆★★

 魔族に乗っ取られたエルフール王家。逃げ延びた姫君・イリアードを保護するため、セロ達はダイナースクの街へと向かう。ところが潜伏先の酒場は何者かの襲撃を受け、イリアードは護衛の騎士達と共に行方をくらませてしまった。そこに魔族の暗躍を感じた一行は、手がかりを求めて街の地下に広がる廃坑へと踏み込む。だがそこは、廃坑とは名ばかりの“迷宮”だった―迷宮の奥で離ればなれになったセロとフィノ、辿り着いた場所でそれぞれが見たものとは――?
 渡瀬草一郎が贈るファンタジー冒険譚、第3弾

輪環の魔導師4 ハイヤードの竜使い
輪環の魔導師4 ハイヤードの竜使い
著者:渡瀬草一郎/イラスト:碧風羽 評価:☆☆☆★★

 魔族の前で“還流の輪環”の力を解放し、ついに戦う覚悟を決めたセロ。しかしラダーナ達には出し抜かれ、イリアード姫を連れ去られてしまう。姫君を救うために旅への同行を申し出た騎士・ヴィオレを仲間に加え、一行はルナスティアの待つ王都へと向かう。ところがその道中に立ち寄った街で、魔族同士が争う奇妙な光景を目撃し…魔導具を求め、魔族と敵対する謎の青年。そしてその場所で再会した、セロのよく知る人物とは――?
 渡瀬草一郎が贈る新ファンタジー冒険譚、第4弾。 

--------------------------------------------------------------------------------
 ふと気がついたのですが、輪環の表紙って横から見るように作られているんですね。考えてみれば他に同じことをしている作品ってありませんよね。よほどイラストレーターさんの意向が強く働いたか、面白い方やってみとうと編集さんから提案があったのか。少し気になるところです。
 さて、堅実な話を作るという点で渡瀬さんの文章は大好きなのですが、その中でますますフィノの異彩が目立ってきました。ヤンデレ四天王を決める大会があったら確実に入賞しそうです。だれか彼女を止める抑止的な人物はいないものでしょうか。それがいないと暴走する一方のような木がしますよ。
 3巻では洞窟を舞台にした姫様争奪合戦、4巻では結局さらわれてしまった姫様奪還作戦といったところでしょうか。派手さはないけど不思議といつのまにか物語に引き込まれてしまうんですよね。今後気になる点はメルルーシパとルナスティアの関係ですね。兄弟関係にあるにもかかわらずなぜ命の取り合いをするようになったのか?登場してばかりというのもありますけど、非常に気になります。
Posted by : ななかの | 電撃文庫 | 14:38 | comments(0) | -
おと×まほ 2,3 感想
おと×まほ2
おと×まほ2
著者:白瀬修/イラスト:ヤス 評価:☆☆☆★★

(こ、これはどういう状況で…?)
 目を覚ました樋野留真の前にいたのは、パジャマ姿の白姫彼方だった。胸元からお腹の辺りまで惜しげなくさらけだし、ズボンもずれ落ち、下着も少し見えてしまっている。――火急の事態、であった。だが、留真のピンチはそれだけではない。留真はとあるきっかけで戦意を失い、ノイズと戦えなくなってしまう!一方、白姫彼方の前には強敵「ディスコード」が現れて!?
 ドタバタ魔法少女コメディ第2弾は、いいんちょ&彼方の遊園地デート(コスプレボーカルショーもあるよ)に加え、巨乳魔法少女・幾瀬依も新たに登場。平和な街を守るため、今日も今日とてみんなで戦います。

おと×まほ3
おと×まほ3
著者:白瀬修/イラスト:ヤス 評価:☆☆☆★★

「ねぇ……いれて?」
「……あ、あの、お願いですの……い、いれて……欲しい、ですの」
 文化祭を間近に控えた白姫彼方のもとに、突如訪れた甘い(?)お誘い。文化祭では「彼方を賭けた」クラス対抗喫茶店対決が開催される。予想外に苦戦を強いられる彼方のクラスのコスプレ喫茶だったが、丈は起死回生のため、とてつもない秘策を用意していた!!一方、彼方たちが文化祭で盛り上がっているころ、ひとりの生徒がみんなの記憶から人知れず消えていって――?
 GA文庫でデビューした白瀬修が贈る、ドタバタ魔法少女コメディ、第3弾。

--------------------------------------------------------------------------------
 「男なのに女装させると女性よりもかわいい」という倒錯系魔法少女ストーリー。「女顔の男の子」に萌えるという方にはたまらない話でしょうね。どうやらドラマCDも出ているようですし、一つ間違えればTV進出するかもしれませんがどうなんでしょう。
 2巻はライバル登場かと思わせておいて実質仲間の一人という位置に収まることになる「グレイス・チャペル」こと樋野留真と幾瀬依の登場回。やっぱり魔法少女は3人というのが基本ってことなんでしょうか。
 3巻は第一部完結編。街で起こっていた事件の黒幕が登場します。ピンチの時にはパワーアップ変身というのもある意味忠実ですね。
Posted by : ななかの | GA文庫 | 18:27 | comments(0) | -
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート 感想
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート
著者:森田季節/イラスト:文倉十 評価:☆☆☆☆★

「僕、女の子を殺したんだ」――始まりは、思いがけない人物からのそんな電話。
 どこか満たされない日々を送る高校生の明海は、孤高の歌姫に魅せられた同級生の少年・神野の信じがたいような昔話をいともあっさりと受け入れてしまう。なぜなら明海も小学生の頃、神野と同じく一人の少女を殺めたことがあるからだった――。
 よみがえるひと夏の記憶、殺されるためだけに存在する「イケニエビト」の少女、人の記憶を食らう「タマシイビト」からの逃避行。
 第4回MF文庫Jライトノベル新人賞「優秀賞」受賞作。三人の少年少女によるビター・スウィート・ストーリー。

--------------------------------------------------------------------------------
 「せつなさはロック」と帯にあるとおり、音楽活動に主眼を置いた内容です。メインキャラクターの一人はイケニエビトと呼ばれる存在。ある期間を経て現れる「タマシイビト」によって、世間から自分の記憶を消されてしまわないために、音楽によって自分の存在を世間の記憶に残そうとする、そんなお話です。この話独自の実に独特なルールはありますが、それさえ認めてしまえば非常によくできた青春劇だと思いますね。ラノベ特有のヒーローらしい考え・思考を持ち出すでもなく、あくまで普通の高校生の恨み、自虐し、悲しむという「ありえる」考え方をトレースしているところなどはまさにそのとおり。
 男女それぞれ一人ずつとイケニエビトの女性一人の2つの物語を経て、3人一緒の活動の話に持っていくという構成も、「彼女について私しか知らないこともあるけども、彼は私の知らない彼女のことを知っている」というわだかまりの感情を引き出すことにつながっていて、非常によいと思います。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 18:06 | comments(0) | -
TOP