暇潰しにラノベ感想&時々イベントの感想もあるよサイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート 感想
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート
著者:森田季節/イラスト:文倉十 評価:☆☆☆☆★

「僕、女の子を殺したんだ」――始まりは、思いがけない人物からのそんな電話。
 どこか満たされない日々を送る高校生の明海は、孤高の歌姫に魅せられた同級生の少年・神野の信じがたいような昔話をいともあっさりと受け入れてしまう。なぜなら明海も小学生の頃、神野と同じく一人の少女を殺めたことがあるからだった――。
 よみがえるひと夏の記憶、殺されるためだけに存在する「イケニエビト」の少女、人の記憶を食らう「タマシイビト」からの逃避行。
 第4回MF文庫Jライトノベル新人賞「優秀賞」受賞作。三人の少年少女によるビター・スウィート・ストーリー。

--------------------------------------------------------------------------------
 「せつなさはロック」と帯にあるとおり、音楽活動に主眼を置いた内容です。メインキャラクターの一人はイケニエビトと呼ばれる存在。ある期間を経て現れる「タマシイビト」によって、世間から自分の記憶を消されてしまわないために、音楽によって自分の存在を世間の記憶に残そうとする、そんなお話です。この話独自の実に独特なルールはありますが、それさえ認めてしまえば非常によくできた青春劇だと思いますね。ラノベ特有のヒーローらしい考え・思考を持ち出すでもなく、あくまで普通の高校生の恨み、自虐し、悲しむという「ありえる」考え方をトレースしているところなどはまさにそのとおり。
 男女それぞれ一人ずつとイケニエビトの女性一人の2つの物語を経て、3人一緒の活動の話に持っていくという構成も、「彼女について私しか知らないこともあるけども、彼は私の知らない彼女のことを知っている」というわだかまりの感情を引き出すことにつながっていて、非常によいと思います。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 18:06 | comments(0) | -
ラノベ部 感想
ラノベ部
ラノベ部
著者:平坂読/イラスト:よう太 評価:☆☆☆★★

 物部文香はごくごく普通の高校一年生。高校に入学して一週間、今まで通りさして特徴のないごくごく普通の毎日を送ってきた文香だが、ある時ふと気がつくと軽小説部、通称『ラノベ部』に所属することになっていた……!
 かといってたいそうな事件が起こることはなく、ライトノベルを読んだりちょっとだけ変わった友達と友情を育んだり、一風変わった先輩に絡まれたりと、楽しく日常を過ごしたり過ごさなかったりしていた。
 そんな、どこにでもありそうな、でもどこにもなさそうな日々が繰り広げられる新感覚ライトノベルのはじまりはじまり。

--------------------------------------------------------------------------------
 ラノベを楽しむ人たちに主眼を当てたっていうのは面白いですね。最近メタ的ストーリーが多いので、その流れにおける最先端といっていいかもしれません。
 普段からラノベを読んでいる人に対しての、あるあるネタがほとんどです。大きな流れはなく、短い話がいくつも羅列してあるだけなので、まったり読んでいいと思います。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 21:44 | comments(0) | -
緋弾のアリア 感想
緋弾のアリア
緋弾のアリア
著者:赤松中学/イラスト:こぶいち 評価:☆☆★★★

 東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。
 「あるきっかけ」で頭脳が活性化するという体質を持つ遠山キンジは、そのことを周囲に秘密にしつつ、平穏を求めて日々を送る探偵科所属の高校二年生。
 しかし、通学途中に爆弾事件に巻き込まれ、強襲科の超エリートである神崎・H・アリアと出会ってしまったことにより、キンジの日常は平穏とは程遠いものへと変わっていくのだった――。
 Sランクの最強武偵・アリアと、(普段は)ただの一般人・キンジの凸凹コンビが凶悪犯に立ち向かう、大スケールアクション&ラブコメディー。

--------------------------------------------------------------------------------
 前作「アストロノト」は主人公、ヒロインともに素直になれない面がありつつも互いに努力するという、二人の絆が非常に強い話でした。それと比べてるとアリアとキンジのつながりは残念ながら弱く、物語的にも二人の関係的にもまだまだこれからだと思いました。
 それに物語の中ではある有名人物が扱われているのですが、ちょっとその使い方が説得力に乏しい。もう少し無理やりにでもいいから、納得させる力が欲しかったです。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 22:15 | comments(0) | -
ギャルゴ!!!!!3 地上最強G級大全 感想
ギャルゴ!!!!!3
ギャルゴ!!!!!3
著者:比嘉智康/イラスト:河原恵 評価:☆☆☆★★

 ギャルゴこと春男がいつものようにコトリと一緒に登校しようと橋の前で待っていると、やってきた彼女はなぜか巨乳になっている!?演劇部の次のヒロイン役のイメージに合わなくなってしまったと困惑するコトリだが、春男は目のやり場に困りつつも「またヘンテコな地伝がコトリさんを!?」と直感する。ところが学校に着くとどうやらここ真帆市の女性はみんな巨乳になってしまっていたようで!?
 またしても奇妙な事件に巻き込まれるギャルゴに、ついにばあちゃんの仇“噂長”の影が忍び寄る!爽快コメディ活劇、ツンと斜め上向きの第三弾!!!!!

------------------------------------------------------------------------------
 ギャルゲーゴッドことギャルゴと呼ばれて男からは尊敬、女性からは蔑視の目で見られている少年・春男が、噂長の力によって嘘から真実になってしまった地方都市伝説を治めるために戦う話第三弾。
 今回は感染すると巨乳になってしまうというへんてこな病気を治めるために奮闘します。なんというか、非常にばかばかしいシチュエーションです。ギャルゴ的には、うれしいこともある反面、普段以上に胸をギャルゴにみられるからという理由で一般女性から毛嫌いされてしまうので、一長一短だったりします。この話以前だと結構普通の都市伝説を治めてきていたので、ここにきて一気に“趣味に走った”ストーリーを持ち出してきたなぁと感じます。この著者、もともとこういうのがやりたかったのではないだろうか・・・?
 巨乳話もいいですが第二話の死神パラパラもいいです。すごく難しいパラパラを妹と一生に正確に踊りきることで死神を呼び出そうとがんばる話なのですが、普段はまったく折の合わない妹とリズムを合わせて一緒のことに取り組んでいくという状況は非常にほほえましいです。最後のありがとうの一言で報われた気になっているギャルゴに賞賛。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 21:00 | comments(0) | -
地を駆ける虹掘ヾ響
地を駆ける虹3
地を駆ける虹3
著者:七位連一/イラスト:光崎瑠衣 評価:☆☆★★★

 闇賊に囚われたシエルとイドを救う手掛かり――。ロスブリュックに行けばそれが手にはいると知ったネイブは、薔薇輝石戦士団を抜けることを希望するが、入団早々の勝手な言い分は当然フレアの逆鱗に触れてしまう。
 そんな折、団は進軍を止め、離反した海王石戦士団の討伐を命じられる。となれば、どのみちロスブリュックは団が進軍するアジェントンのさらに北に位置している。ならば今はまだこのまま団の仲間と共に……。一人安堵するネイブだが、戦火の先に見つけるものは――!!
 灰被りの心を秘めた少年達が非情の戦地で虹を潜る本格ファンタジー、焦燥の三弾!!

--------------------------------------------------------------------------------
 第一巻を読んだときはあまりに読後感が悪かったので、さほど評価が高くなかったのですが、2巻3巻と続いてくると1巻は非常に良い前座だったのだと思いますね。あの過去あってこそそれ以降の主人公・ネイブの活躍が光って見えるわけですから。思い切りもあるし味方に対しても一生懸命になれる。1巻のころにはなかった光景です。
 著者の好きな描写は変わっていないようで、1巻では主人公に割り振っていた「それぞれに当然の報いを受けてしまう」という点は巻では味方、3巻では敵に割り振られていますね。まるで1巻のころの「昔の自分」を見てるようで、もどかしくなって感じてしまうところが面白いです。
 今回人買いの手から救い出したエルザとの関係など、今後が気になる点はありますが、続きがでるかどうかは微妙なのが残念です。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 20:35 | comments(0) | -
ギャルゴ!!!!! 地方都市伝説大全 感想
ギャルゴ!!!!! 地方都市伝説大全
ギャルゴ!!!!! 地方都市伝説大全
著者:比嘉智康/イラスト:河原恵 評価:☆☆☆☆★

 とある地方都市・真幌市に住む中学二年生の田中春男は、物干し竿占い師だった祖母の遺書で「人間以外の多くの女性に愛される」と予言された。
 春男は、町でも凶暴で有名なドーベルマンのかま子になつかれ、突然しゃべりだした人形のエリアスからも告られる。これっていま町で噂の都市伝説?
 そんなある日、春男は地元のお祭りで、偶然クラスメイトの天然娘コトリと会い、演劇部の彼女の舞台を見にいく約束をする。しかしこのとき既に、真の“地方都市伝説”が密かに活動を始めていたらしく……!?
 第3回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞受賞の爽快コメディ活劇、開幕です!!!!!

--------------------------------------------------------------------------------
 地方都市伝説とタイトルにあるように、噂にのぼった怪奇現象を解決していくという話です。ただし、武器は物干し竿で、お供は主に下ネタをしゃべる人形と凶暴なドーベルマン。そして主人公・春男のあだ名【ギャルゴ】は、ギャルゲーを極めし者としての称号「ギャルゲーゴッド」の略だったりします。ただし、そんなあだ名とはいえ春男は根暗ではなく、性格的には割と好青年ということで、対象を問わず読める内容になっています。
 物語は大きく3部で構成されていますが、見るべき部分は1部に集約されてますね。ヒロインのコトリが怪奇現象に襲われてしまい、春男がそれを助けるために偶然に少し話をしただけという関係にも関わらず、色々と努力するところが見所です。趣味はどうだろうとハートで勝負!ってことですかね?そういうの、嫌いじゃないですw
 3部はおまけ程度の短い内容なので、結としては弱いのが残念ですね。2巻もあるそうなので、早々にそちらも読んでみたいです。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 21:53 | comments(0) | -
アストロノト!2 感想
アストロノト!2
著者:赤松中学/イラスト:bomi 評価:☆☆☆★★

 魔法と科学が調和した不思議な世界――。
 働き者で運動神経の良さだけが取り柄の少年ノトは、幼なじみにして魔法陣師の肩書きを持つ女の子、レンビアのために部屋をプレゼントしようと家の建て増しをしていた。夢の同居生活を目論むノトだが、突然迷い込んできた謎の少女との仲をレンビアに勘違いされてしまい、しかも少女が言うにはこのままだと地球に巨大な隕石が墜ちてくるのだという――。
 はたしてノトは隕石の落下を阻止できるのか?そしてどうなる、レンビアとの同居生活!?ライトノベル新人賞“優秀賞”受賞作家が送るスペース冒険ファンタジー第二弾。

--------------------------------------------------------------------------------
 ファンタジー的宇宙開拓物語(?)、第二弾。前回は月まで行くという話でしたが、今回は落下してくる隕石を迎撃するというお話です。内容的に近いのは「アルマゲドン」とか「ディープ・インパクト」でしょうか。
 新キャラのラキザミは不思議系無口少女。そんな彼女と行動するうちに彼女の発言「隕石が落ちてくる」というのが真実だと分かって…という感じでストーリーが進みます。登場キャラクター全員がどちらかといえば積極的・自発的だったことを考えると、どちらかといえば消極的なラキザミの存在感は、本策にとっては大きいですね。もう一人の新キャラ、アローレンは色気担当という感じ。彼女についてはもう少し掘り下げていれば後半の展開ももう少し面白くなったのではないかと思うんですよね。その点は残念かな。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)
地を駆ける虹 感想
地を駆ける虹
著者:七位連一/イラスト:光崎瑠衣 評価:☆☆★★★

 ネイブは、英雄に憧れていた――。人の心に植え付けられた卵から孵る“エレメント”の力により、騎士たちの剣の交う戦場に、一攫千金を夢見るエレメント使いたちによる召喚魔法が居並ぶようになった世界。友人たちと懸賞首狩り(ロット)を組んだネイブはしかし、メンバーの中でまだ一人エレメントの孵っていない「雌鶏」だった。
 だが、早くに両親を亡くしたネイブは、たった一人の肉親である妹のために、自分がロットの優秀なリーダーとして活躍しているのだと、嘘をつき続けていた。そんな、とても危うく、ささやかな幸福の日々に、亀裂を生む「事件」が起こる――。
 やがてネイブを襲う衝撃の運命とは!?第3回新人賞受賞作、威風堂々の刊行!

--------------------------------------------------------------------------------
 表紙を見た限りでは王道的ファンタジーなのかなと思っていたのですが、だまされましたね。主人公のネイブはいわゆる落ちこぼれで、怠惰でやることが長続きしないし、妹には嘘をついている。周囲の仲間は彼のことを思いやって(時には空回りもあるが)色々気を使ってくれるのだが、彼にとっては重みになっているという感じ。主人公というよりは脇役的立場ですね。
 前半を読み終えた頃には、そんな彼が心を改めて英雄の道を目指していく話かと思ったのですが、最後までヘタレとして描かれていたのは意外でした。あまりにやることなすことが裏目にまわりすぎる。何もやらなかったことに対する罰という教訓的なものはダイレクトにつたわるのですが、エンターテイメントでここまで救いのない話をやるのはどうなんでしょう。あまり賛同はできないというのが正直なところ。設定的には面白い部分もある分、ちょっと残念な作品でした。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0)
アストロノト! 感想
アストロノト!
アストロノト!
著者:赤松中学/イラスト:bomi 評価:☆☆☆☆☆

 魔法と科学が調和した不思議な世界――。
 働き者で運動神経の良さだけが取り柄の少年ノトは、幼なじみにして魔法陣師の肩書きを持つ女の子、レンビアに好きという気持ちをずっと言い出せない日々を送っていた。
 そんなある日、ノトはなぜか突然「月に行く」ことを決意する。困惑するレンビアをよそに、同じく月を目指す女の子・ナキアミと共にガルニア王国が立てた『月面踏破計画』の宙士選抜試験に挑むノト。はたしてノトは月にたどり着くことができるのか!?
 第3回MF文庫Jライトノベル新人賞<優秀賞>受賞。冒険がいっぱい詰まった宝石箱ファンタジー!!

--------------------------------------------------------------------------------
 アストロとは作品世界で宙士のこと。宙士のノトが活躍する物語だからアストロノトというわけですね。アストロノートが宇宙飛行士という意味なので、中々捻りの聞いた題名です。
 この作品を端的に言えば「月を目指す科学番組」というとこですが、ファンタジーが混ざっているためにそれだけでは終わりません。水素が爆素、酸素が清素というように置き換えられていますし、ドワーフ達がその製造の力を持ってロケット開発をしていたりと、独自の世界観を築いています。これがまず見事ですね。過去いくつかある「月へロケットで行く」というストーリーに新たな可能性をもたらしたと言っていいと思います。一方、ロケットの機構や打ち上げ方法、操縦などは実際のロケットと同じで、しかも機構の異なるロケットが2台でてくるなど、「学研の科学」の漫画を読んでいるかのように知的好奇心をくすぐられてしまいます。
 設定以上に魅力的なのがキャラクターです。ロケットの操縦に悪戦苦闘しながらも成功率の低い冒険に望む主人公・ノトは、幼馴染を一途に思い続けている純情派。誰に対しても優しいけど、芯の部分では強く、なびく事がありません。これだけ良い感じの主人公って久しぶりです。ノトの幼馴染のレンビアとの恋の駆け引き(思っているけど一方通行になるだけで中々通じないのですが)はたまりませんね。レンビアのライバル(?)になるのが獣少女のナキアミです。恋に一直線で嫉妬深い、しかしなかなか報われないところがまた可愛らしい。イメージ的にはアルルゥに近いです。体力的には不安ですが、その類まれなる知性でノトのパートナーになり、一緒に月を目指す事になります。基本的にはノト・レンビア・ナキアミの3人が物語りの中核ですが、騎士気質で威風堂々でサドッ気のある一方で純愛話には弱く、聞けば鼻血を流してしまうサベラや、絶対的権力をもちながら9歳の幼い帝・ユァンなど、個性的で面白い仲間達にももちろん注目です。
 後半面白くなってくるのが、前半で出された伏線の回収。これが絶妙で、さすが優秀賞といえるでしょう。そのためにご都合っぽくなっている部分もありますが、面白さを優先したためだと思えば可の範囲ですね。どうやら続編も構想にはいっているようですが、それはさすがに難しいと思うので新作の方を期待しようと思います。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0)
ネクラ少女は黒魔法で恋をする5 感想
ネクラ少女は黒魔法で恋をする 5
ネクラ少女は黒魔法で恋をする 5
著者:熊谷雅人/イラスト:えれっと 評価:☆☆☆★★

 空口真帆の特技(?)と趣味は黒魔法。演劇部という新しい居場所を得た真帆は、相変わらずオクテで内気なものの、ネガティブなところは薄まって、元気に部活に精を出す毎日。
 しかしある日、真帆の想い人である一之瀬先輩となにやら因縁のある生徒会長に声をかけられる。生徒会長は自分は死者を蘇らせることができる、と告げ、自分の使う魔法に協力してほしい、と真帆に頼んでくる。
 黒魔法ができることを生徒会長に知られていると知り、驚いた真帆は、彼をあやしみ、もちろん頼みを断るのだが、生徒会長は「昔を思い出させてあげよう」と言ってきて……!? 真帆の恋の行方はどうなる!? ハートフル黒魔法コメディ、ついにクライマックス!

--------------------------------------------------------------------------------
 今回でついに最終巻。人間界で悪さを続けていた悪魔を倒し、ハッピーエンドとなります。第一巻での「ネクラ少女からポジティブ少女への転身」を読んでいる身からすればいささか物足りない展開ではありました。そもそも真帆の心変わりが主軸であり、悪魔やらなにやらはその付属物でしかなかったわけですから。そういう意味では第一巻で既に物語りは終わっていたといえなくもありません。しかしながら、そんな真帆というキャラクターの個性を消してしまわない程度に維持しつつ、他の題材を用意して別の見方から「ポジティブに生きていく事」を示し続けたというのは評価したいですね。
 なんだかんだあっても読み終わりはさわやか。そんな清涼剤的な良い作品でした。第二期があるとしたら、真帆については語り尽くしているので、主人公を変えてみるというのも良い手かもしれませんね。あと、エレットさんにはもう少し活躍の場を与えてほしいな。
Posted by : ななかの | MF文庫 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0)
TOP