暇潰しにラノベ感想&時々イベントの感想もあるよサイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< ARISAチェンジリング 感想 | main | カッティング 〜Case of Mio〜 感想 >>
姫様とオレ様とカゲトリバコをめぐる覚え書き 感想
姫様とオレ様とカゲトリバコをめぐる覚え書き
著者:神代明/イラスト:シンゴ 評価:☆☆☆★★

 宝珠から生まれし世界“リディオ”。ライズオール王国の末姫・サラには、生まれつき影がない。兄弟たちや、俺様な性格のアーウィンに守られて、前向きに成長するサラ。ある宴の夜、他国の皇太子とサラの兄エルスの影が、奇妙な小箱に吸い取られてしまった!
無差別に影を吸い取る箱に近づけるのは、元々影のないサラしかいない……。
 箱入り姫と仲間たちのカゲトリバコをめぐる大冒険が、今、始まる―――!! お芋と魔法の(?)ほのぼのファンタジー♪

--------------------------------------------------------------------------------
 影がないために皆から疎まれているお姫様・サラと、幼少の頃から彼女を守る騎士見習い・アーウィン、解説役のお芋好き魔導師・ルチルの、小さな冒険の旅を綴ったお話です。期間内に目的地に着かなければ兄が死んでしまうとか、追っ手が凶悪なまでに強いために緊張感が漂いますが、基本的にはほのぼのファンタジーです。
 影がないために兄の影を吸い込んでしまった箱に触ることができる唯一の人物がサラ。はじめて皆の役に立てるかもしれないと張り切る姿はいいですね。キャラクターの心情を語るのに重点を置いてしまった所為かやや展開が強引過ぎるかなと思われる点もありますが、最後はきっちり締めてあると思います。
 付録として、本編のサブキャラクター・ラトナが活躍する話も有り。登場させたけど活躍させる機会がなかったから、付録で活躍させてあげよう、という感じです。本編とは切り離して、全く別の話として読んだ方がよさそうです。
Posted by : ななかの | スーパーダッシュ文庫 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:47 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://nanakano.jugem.jp/trackback/305
TOP