暇潰しにラノベ感想&時々イベントの感想もあるよサイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 地を駆ける虹 感想 | main | ディスパレイト!1 或る異生物使いのこと 感想 >>
バニラ A sweet partner 感想
バニラ―A sweet partner
バニラ―A sweet partner
著者:アサウラ/イラスト:高山瑞季×曽我部修司(シトロネット)
評価:☆☆☆★★

 閑静な街で相次ぐ狙撃事件。それを追う警察の捜査線上に二人の女子高生、海棠ケイと梔ナオが浮かび上がる。次第に追い詰められ行く彼女達は手にした銃とパートナーだけを信じ、一寸先すら見えぬ逃避行を開始する。たとえそれが誤った道であったとしても、迷うことなく彼女たちは足を進めていく……。
 第5回新人賞大賞作家が放つ、渾身のスウィート・ガン・アクション!!

--------------------------------------------------------------------------------
 アサウラさんの処女作「黄色い花の紅」が結構面白かったということで購入したのですが、銃が合法化されている社会ということと、少女が銃を撃ちまくるという共通点はあるものの、雰囲気がまったく違いました。一言でいえば百合系。少女×少女の世界という読む人を選ぶ内容で、びっくりしましたよ。
 偶然に銃を手に入れたことで、相手を殺めるという極端な方法をとるようになった少女たち。そんな二人は、次第に警察に追い込まれていきます。警察側にも正義がある一方で、彼女たちにも間違ったものであろうとも信じる正義がある。そしてそれは相手を殺すことでしか成しえない。もっと大人になれば解決できることもあったのだろうに、彼女たちにはそれしかなかったわけですね。その行動は刹那的であり、だからこそ禁断関係である百合とも相性がいい。百合物としてはかなり綺麗な内容なのかもしれません。百合描写としては報道関係者が集まっている中でのキスなど、かなり直接的。ここまで書いていいのだろうかと思ってしまいました。
 銃撃戦もなかなかいいですが、今回は精密性が重要視される長々距離の狙撃が一番面白かったですね。描写もかなり本格的で、著者のガンマニアっぷり全開です。さすがに狙撃してきた相手に対して狙撃し返すというのは無茶だろうとは思いましたが、そこはファンタジーということでw
 百合はともかく、ストーリー的にはかなり反社会的なので万人にお勧めはできませんが、一特定の人にはたまらない内容だろうな、とは思いました。
Posted by : ななかの | スーパーダッシュ文庫 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:12 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://nanakano.jugem.jp/trackback/326
TOP