暇潰しにラノベ感想&時々イベントの感想もあるよサイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< おと×まほ 2,3 感想 | main | ストレイト・ジャケット9 セキガンのアクマ 感想 >>
輪環の魔導師3、4 感想
輪環の魔導師3 竜骨の迷宮と黒狼の姫
輪環の魔導師3 竜骨の迷宮と黒狼の姫
著者:渡瀬草一郎/イラスト:碧風羽 評価:☆☆☆★★

 魔族に乗っ取られたエルフール王家。逃げ延びた姫君・イリアードを保護するため、セロ達はダイナースクの街へと向かう。ところが潜伏先の酒場は何者かの襲撃を受け、イリアードは護衛の騎士達と共に行方をくらませてしまった。そこに魔族の暗躍を感じた一行は、手がかりを求めて街の地下に広がる廃坑へと踏み込む。だがそこは、廃坑とは名ばかりの“迷宮”だった―迷宮の奥で離ればなれになったセロとフィノ、辿り着いた場所でそれぞれが見たものとは――?
 渡瀬草一郎が贈るファンタジー冒険譚、第3弾

輪環の魔導師4 ハイヤードの竜使い
輪環の魔導師4 ハイヤードの竜使い
著者:渡瀬草一郎/イラスト:碧風羽 評価:☆☆☆★★

 魔族の前で“還流の輪環”の力を解放し、ついに戦う覚悟を決めたセロ。しかしラダーナ達には出し抜かれ、イリアード姫を連れ去られてしまう。姫君を救うために旅への同行を申し出た騎士・ヴィオレを仲間に加え、一行はルナスティアの待つ王都へと向かう。ところがその道中に立ち寄った街で、魔族同士が争う奇妙な光景を目撃し…魔導具を求め、魔族と敵対する謎の青年。そしてその場所で再会した、セロのよく知る人物とは――?
 渡瀬草一郎が贈る新ファンタジー冒険譚、第4弾。 

--------------------------------------------------------------------------------
 ふと気がついたのですが、輪環の表紙って横から見るように作られているんですね。考えてみれば他に同じことをしている作品ってありませんよね。よほどイラストレーターさんの意向が強く働いたか、面白い方やってみとうと編集さんから提案があったのか。少し気になるところです。
 さて、堅実な話を作るという点で渡瀬さんの文章は大好きなのですが、その中でますますフィノの異彩が目立ってきました。ヤンデレ四天王を決める大会があったら確実に入賞しそうです。だれか彼女を止める抑止的な人物はいないものでしょうか。それがいないと暴走する一方のような木がしますよ。
 3巻では洞窟を舞台にした姫様争奪合戦、4巻では結局さらわれてしまった姫様奪還作戦といったところでしょうか。派手さはないけど不思議といつのまにか物語に引き込まれてしまうんですよね。今後気になる点はメルルーシパとルナスティアの関係ですね。兄弟関係にあるにもかかわらずなぜ命の取り合いをするようになったのか?登場してばかりというのもありますけど、非常に気になります。
Posted by : ななかの | 電撃文庫 | 14:38 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 14:38 | - | -
コメント









TOP