暇潰しにラノベ感想&時々イベントの感想もあるよサイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 輪環の魔導師3、4 感想 | main | 黄昏色の詠使い后〜瓦討硫里鯡憾る子供たち 感想 >>
ストレイト・ジャケット9 セキガンのアクマ 感想
ストレイト・ジャケット9 セキガンのアクマ
ストレイト・ジャケット9 セキガンのアクマ
著者:榊一郎/イラスト:藤城陽 評価:☆☆☆★★

-----------------------------------------------------------------------------------
 ネリンは気づいていた。「黒騎士」事件以降、トリスタン市の魔族災害は確実に減っている。それは即ち、無資格の戦術魔法士レイオット・スタインバーグの出番が減ることを意味していた。それは良い事なのだ。しかし――何かを見落としている様な、不安が脳裏を過ぎる。
 その頃街にいたレイオット達は、美術学校で彫刻を専攻する少女ノーラに出会う。彼女は、胡散臭い風体のレイオットと半魔族のカペルテータに臆する様子もなく「博物館まで連れて行って欲しい」と言うのだった。レイオットは呆れながらも送っていくのだが……!?
 一方、隻眼の戦術魔法士アルフレッドは「世界はもうすぐ終わる」と言い残し、ロミリオ達の元を去っていた。激動の新章スタート。

--------------------------------------------------------------------------------
 ライバル(?)関係だったアルフレッドとの決着編。登場当初からずいぶん狂ったキャラクターでしたが、今回はそれにいつにもまして磨きがかかっています。さらった女性を作為的に妊娠させて胎児を取り出し、その胎児をエネルギー源にした巨大な鎧を動かすって……どれだけやばいのかと。これまでの話で一番やばいと思いますよ。
 今回、今までならレイオットだけで強力な魔族と戦っていましたが、今回は今までとは異なり、最終的には集団戦になっています。どんどんレイオットの周囲が代わっていっていると感じさせられます。
 ちなみに。個人的に気に入った挿絵はバリーシェリングが車の窓越しに銃を持っているやつ。単なる隣近所の親父なのに渋すぎるんですが。
Posted by : ななかの | 富士見ファンタジア文庫 | 14:59 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 14:59 | - | -
コメント









TOP