暇潰しにラノベ感想&時々イベントの感想もあるよサイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< ストレイト・ジャケット9 セキガンのアクマ 感想 | main | 彼女は眼鏡HOLIC 感想 >>
黄昏色の詠使い后〜瓦討硫里鯡憾る子供たち 感想
黄昏色の詠使い
黄昏色の詠使い
著者:細音啓/イラスト:竹岡美穂 評価:☆☆☆☆★

 もう一度キミの隣に行きたい、この気持ちは本当。だから――迷わない。
 黎色の、限りなく孤独な世界に意識を捕われたまま、クルーエルは言い放つ。「わたしは、ネイトを信じてる」
 しかし、彼女を捕える空白名詠の真精・アマリリスは、執拗に言葉を重ねる。『あの子は、あなたに相応しくない。それに――何をもって、彼の“信じる”という約束を信じるの?』
 一方、トレミア・アカデミーでは教師たちが、意識不明のクルーエルを治療のためケルベルク研究所へ移送する決定を下す。その時、ネイトは……!?ただ一緒にいたかった――二人の願いが重なる時、世界に二色の詠が響きわたる。
 詠う召喚ファンタジー、第5弾。

--------------------------------------------------------------------------------
 2009年度版「このライトノベルはすごい」では11位みたいですね。トップ10まで惜しいです。そんな話題作なのに、まだ読んでなかったとは不覚です。
 5巻は1巻から続いてきたエッグにまつわる話の完結編みたいです。2巻以降主人公なのにさっぱり活躍していなかったネイトが、ようやく本領発揮といったところでしょうか。しかし2巻以降、1巻ではちょっと人よりも秀でたところのある少女、という位置づけだったクルーエルが主人公以上に活躍していたのには驚きましたね。やはりキャラクター的にクルーエルが一番自己投影しやすいから作者が書き易いというのはありそうです。
 難点といえば状況が色々難しいことばかりで、状況がさっぱりつかめないことでしょうか。もう少し順々にわからないことが増えていくという流れにできないものですかね。
 それにしても竹岡さんのイラストはいいですよね。作品の内容と透明感のある絵柄が非常にマッチしていて。あとはおじさんもかければ文句なしなんですが。
Posted by : ななかの | 富士見ファンタジア文庫 | 15:20 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:20 | - | -
コメント









TOP