暇潰しにラノベ感想&時々イベントの感想もあるよサイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 黄昏色の詠使い后〜瓦討硫里鯡憾る子供たち 感想 | main | 死図眼のイタカ 感想 >>
彼女は眼鏡HOLIC 感想
彼女は眼鏡HOLIC
彼女は眼鏡HOLIC
著者:上栖綴人/イラスト:トモセシュンサク 評価:☆☆☆★★

 不思議な力を持つ眼鏡“魔鏡”の収集・保全を行なう秘密組織“アルハゼン”のエージェントにして“眼鏡使い”の深鏡めめこ。彼女は眼鏡にまつわる事件が起こっているという御園学院に転入し、調査をすることになった。幼い頃から孤独だっためめこは学園での生活に戸惑うが、眼鏡を掛けた美しい少女・黒野亞衣と出会い、心を開いていく。

-----------------------------------------------------------------------------------
 第二回ノベルジャパン大賞・優秀賞。簡単に言えば眼鏡好きの眼鏡好きによる眼鏡好きのための小説ということなんでしょうか。登場人物がほとんど眼鏡かけているなんて、作者の眼鏡に対するフェチ度はかなりのものですね。
 話は眼鏡を使ったバトルがメインになると思いますが、見所はそれだけではなくて、普段は戦いばかりで人付き合いになれていない(眼鏡をかけている人でなければ話しかけられない)少女が、同世代の友人と学園生活を送ることで人付き合いを学んでいくという友情物語という面もあります。「眼鏡と正しく向き合えば、世界とも正しくむきあえるんですよ」という台詞が作中でてきますが、この一言がこの作品の全てを示しているといっても過言じゃないですね。
Posted by : ななかの | HJ文庫 | 15:43 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:43 | - | -
コメント









TOP